皆様、こんにちは。

今週は火・水とお休みだったので、以前から気になっていた
映画をTSUTAYAで借りて見ました。作品は、これです。

「 イントゥ・ザ・ワイルド Into The Wild ~荒野へ~」

2013_0927_203353-IMG_4188
この物語は衝撃の実話を映画化したもので、
主人公は裕福な家庭に育ち、優秀な成績で大学を卒業。
将来のエリートコースを約束された若者が、ある日突然誰にも行き先を
告げず全てを捨てて北へ向かって旅立ちました。真の自由や幸福を探求
し、全く新しい価値観の人生を生きるために。
2年間のさすらいの果てに、彼は目的地のアラスカの大地で早すぎる死を
迎えます。しかし決してネガティブな話ではなく、逆にほとばしるほどの
生の輝きを感じとることが出来ます。
2013_0926_170548-IMG_4143
モノマガジンでも特集を組まれてました。
(バックパック特集ですが・・・)
私も昔バックパックを背負って旅したもので、とても懐かしかったです。
とはいえ誰でも楽しめる映画ではないので、興味のある方はぜひ。

DVDを見終わって外へ出てみると、空がとてもきれいでした。
2013_0926_121607-IMG_4135
ブライトリングがお好きな方は、空への憧れも強いと思いますが
こんな空を見ていると、あのパイロットウォッチが目に浮かびませんか?
そう、クロノマットです。そして、文字盤はこれです。
2013_0927_161149-IMG_4174
2013_0927_161115-IMG_4172
「クロノマット44 メタリカブルー文字盤」
A011C88PA  829,500円

青い空(文字盤)に白い雲(インダイヤルやタキメ―タ―リング)
まるで、この空そのもののように見えてきませんか?
こんな時計を身に着けていれば、いつでも気持ちは大空へ。

「イントゥ・ザ・スカイ Into The Sky ~空へ~」

思わずこんな言葉が浮かんできました。

ぜひ店頭で、腕時計という名の「空」を体感してみてください。