ブライトリング正規販売店 下村時計店 金座街店 鋤田 晋一のブログ

October 2013

アベンジャー考察その②

皆様、こんにちは。

前回はアベンジャーⅡシリーズの特徴の一つ、
ステンシル書体についてお話しました。
今回はリューズやプッシュボタンの刻み模様、
ライダータブ付回転べゼルについてお話します。

アベンジャーⅡシリーズはミリタリー色が強いので
その流れで進めて行きたいと思います。
まずはこちら。
私が愛用しておりますコンバットブーツ。
2013_0724_143417-IMG_0931



















2013_0724_143437-IMG_0932



















靴底には、どんな路面もグリップするための刻みが入った
ソールパターンが採用されています。

次はこちら。
コレクションの1つ、キンバー・マーサックカスタム。
2013_0910_151503-IMG_1062



















スライドや各レバー類に施された溝や刻みパターン。

そしてこちら。
ロープや機材を体に固定するカラビナ、
暗闇を照らすフラッシュライト。
2013_0910_152425-IMG_1068



















これらも操作部分に刻みが入っています。


いくつか見てまいりましたが、共通しているのは
どんな状況でも滑りにくく、確実に操作・行動が出来るよう
に重要な場所には何らかの刻みパターンが入れられて
いるという事です。水や泥に濡れていても、グローブをした
ままでも、安心して使うことが出来ます。

そこであらためて、アベンジャーを見てみましょう。
アベンジャー・ブラックスチール
世界限定1000本、729,750円
2013_0906_163942-IMG_1055



















ブライトリング伝統のライダータブを色濃く残す
アベンジャーは、グローブをした手でも楽々べゼルを
回転させられます。そして力強いサイズと形のリューズと
プッシュボタン。濡れた指でも確実な操作が可能です。
プッシュボタンをガードするこれまた刻み入りのリング
パーツが、ミリタリーのツール感を演出してますね。
ちょっと前の映画ですが、「ブラッドダイヤモンド」という
作品でレオナルド・ディカプリオがアベンジャーを
着用しておりました。ハードなアクションにも全然
へこたれず、存在感をアピールしておりました。

アベンジャーⅡグレーアラビア 598,500円
2013_0718_185926-IMG_0912



















300m防水で屈強な作り込み、
(ライダータブと刻み入りリューズ・プッシュボタンの)操作性
(ステンシル書体と色分けされたインダイヤルの)視認性
そしてこれだけの性能を持ちながら、抑えられた驚きの価格。

とにかくタフでカッコいい時計をお探しの方に!!
上記のモデル以外にもアベンジャーⅡのブルーアラビアや
スーパーアベンジャーⅡブラック・バーモデルも在庫が
ございます。

ぜひ店頭でその存在感をお確かめください。


アベンジャー考察その①プラスワン

皆様、こんにちは。

最近、特にお問い合わせの多いモデルがアベンジャーⅡ・シリーズです。
今年新たに生まれ変わったアベンジャーⅡシリーズは全4モデル。
アベンジャーⅡ、スーパーアベンジャーⅡ、アベンジャーⅡGMT、
アベンジャーⅡシーウルフです。

デザイン的に共通していえるのは、ライダータブを備えた力強い
回転べゼルと、ステンシル書体を使った文字盤、リューズと
プッシュボタンに施されたスリップ防止の刻みパターンなどです。
その中でも特徴的なのがステンシル書体の文字盤だと、(個人的に)
私は考えておりますので今回はそれについてのお話を・・・。

ステンシル書体とは、テンプレートと呼ばれる薄い板に
文字や記号をくりぬいて、そこにスプレーを吹き付けて
描かれる書体の事です。年末になると雑貨店で販売される
ガラスに白く吹き付けるサンタや文字などをくり抜いた板を
想像していただくとわかりやすいと思います。
文字の真ん中に縦線が入っているのは、くりぬいた時に
文字の中部分が抜け落ちないようにする為です。
ステンシル書体が優れているのは、型を作ればスプレーで
大量に、簡単に、短時間で文字を描くことが出来る点です。

それをいち早く採用したのが軍隊です。
大量の軍事物資や車両、航空機、艦船にいたるまで
多くの物に描かれています。
例えば航空機ですが
2013_0619_191810-IMG_0873



















2013_0619_193230-IMG_0877



















こんな感じです。かなり特徴的ですよね。
逆にこの書体のイメージがミリタリーを連想させるのかもしれません。
それを時計の文字盤に採用したのがアベンジャーです。
2013_0718_185926-IMG_0912



















2013_0811_181513-IMG_0964



















かなりミリタリーテイストが感じられます。
バーインデックスのモデルもありますが、全体のイメージ
からするとステンシル書体の方が雰囲気があるように感じます。
とにかく、無条件にカッコいいですね。

次回はリューズとプッシュボタンに施された刻みパターンに
ついてお話してみようと思います。

そしてプラスワンですが・・・
先日10月10日、元宇宙飛行士のスコット・カーペンター氏が
88歳でお亡くなりになりました。
ブライトリングのコスモノートを腕に米国初の有人宇宙飛行計画
であるマーキュリー計画で、オーロラ7号に搭乗しました。
昨年はコスモノート限定モデルの発表イベントでお元気そうな
お姿が拝見できたばかりだったのですが。本当に残念です。
きっと宇宙(そら)へ還られたのだと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

夢とロマンを、ありがとうございました。





Categories
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks