皆様、こんにちは。

まずはフェアのご案内をさせてください。
今月28日(金)~7月21日(日)までの期間、
当店におきまして、ブライトリングフェアを行います。
ただ今準備進行中ですので、詳細はまたご報告いたします。
どうぞお楽しみに!

今回はフェア中には入荷予定の話題のモデル、
「ブルーインパルス日本限定モデル」についてです。
2013_0531_155018-IMG_0732



















クロノマット44がベースとなっており、専用の文字盤カラー、
べゼルのラバーモールド、ブルーインパルスのエンブレム、
インダイヤルのブルー針、裏ぶたの専用刻印、シリアル等々・・・
スペシャルな魅力が満載です。
過去にも何度かブルーインパルスモデルは発売されていますが、
今回は震災復興の為の特別な意味合いを持って発売されます。
震災で被害を受けた松島基地に、今年3月31日に帰還した
ブルーインパルス。
隊員の想いも特別なものだったに違いありません。

今回のこのモデル、インダイヤルのブルー針が特徴的ですが
普通に考えると「見にくいのでは?」と思われるかもしれません。
ブライトリングからも、何種類かのカラー見本を提案したそうですが
隊員の意見で最終的にブルー針に決定したそうです。
特にその理由までは紹介されていませんが、メタリックカラーで
美しいですよね。そこで私はひらめきました。これかな、と。
2013_0619_185846-IMG_0865



















2013_0619_190043-IMG_0868



































そう、これです。隊員達のブルーメタリックのヘルメット・カラー!
自分達が身につける装備品であるヘルメットのカラーと同じ色の
針を、特別な思いで選んだのかもしれません。
(あくまで、私個人の考えですが・・・念の為)

先週のドラマ「空飛ぶ広報室」では、ブルーインパルスの雄姿が
映し出されていました。これからも日本の、世界の空を、夢と希望を
与えるために飛び続けてほしいと思います。
ドルフィンライダー達の腕には、特別なクロノマットが装着
されているのですから。(ちなみにドルフィンライダーとは
ブルーインパルスのパイロットの別名です。)

話が長くなってしまったので、次回はドルフィン・ネタから
ご紹介いたします。
ブルーインパルス限定モデルに興味をお持ちのお客様、
ご来店をお待ちしております。