皆様、こんにちは。

日曜ドラマ「空飛ぶ広報室」の最終回が先程放送されました。
久々に、ドラマを見て泣きました。(元々涙腺は緩いんですけど)
主人公2人のハッピーエンドはもちろんですが、
松島基地に帰還したブルーインパルスの飛行を
周辺の人達が空を見上げて歓声をあげたり
手を振ったりして喜んでいる姿に・・・
ドラマと言ってしまえばそれまでですが、おそらく
きっと同じような光景が見られたはずです。
ブルーインパルスの帰還は復興の象徴として
地元の方たちに「おかえり」と迎えられた事と思います。
いや~、良かったです。

さて、前回の続きですが「ドルフィンライダー」についてです。
ブルーインパルスが使用するTー4練習機のデザインがイルカに
似ているところから通称”ドルフィン”と呼ばれます。
なので、そのイルカに乗るパイロットの事を”ドルフィンライダー”と
言います。
ブルーインパルスのワッペンとは別に、ドルフィンライダーのワッペンも
ちゃんと存在し、フライトスーツにも付けられています。
「はい、ド~~~~~ン」(ドラマを見た人にはおなじみのセリフ)
これがそのワッペンです。
2013_0619_191049-IMG_0870



















イルカの写真と比較してみましょう。
2013_0619_191445-IMG_0872



















実に可愛らしいデザインですね。
そして、こちらが本家のワッペンです。クロノマット44の
限定モデルの12時位置に輝いてますね。
2013_0619_185424-IMG_0860



































最後に、タイトルについてのご説明を。
ドラマのラスト、結婚するまで離れ離れの主人公に周りの人達が
「さみしくないのか?」というと、2人は東京と松島で
それぞれ空を見上げてこう言います。

「空は、つながってます。」

そうなんです。世界中の空はつながってるんです。
ブライトリングジェットチームも空を飛んで日本へ来てくれました。
彼らが日本各地を飛行する姿に胸が熱くなったのは
私だけではないと思います。
ふだん、なかなか空を見上げることもないかもしれませんが、
ちょっと意識して見上げて見ると、何かいい事があるかもしれませんね。
その腕に、ブライトリングがあればなおさらです。

自分がブルーインパルスモデル、欲しくなってしまいました・・・