皆様、こんにちは。

腕時計にとっての「顔」とは文字盤だと思いますが、
「顔」であるからこそ手の抜けない所、だとも思います。
文字盤を見ればそのメーカーの本気度が感じられます。
ブライトリングの文字盤はどれも素晴らしいですが、
珍しい物ではマザーオブパール(シエル文字盤)や
カーボンダイヤルなどがあります。
今回は、カーボンダイヤルを装備した
このモデルのご紹介です。

クロノマット44カーボンダイヤル  A011B69PA  970,000円+税
日本だけのジャパンスペシャルエディションです。
Chronomat_44_Carbon_Dial_001



















Chronomat_44_Carbon_Dial_004



















カーボンとは「炭素」の事を指しますが、カーボンファイバーは
アクリル繊維を約1000℃もの高温で炭化させた繊維で、
これを織り込んで作る生地がカーボンクロス。
カーボンは鉄と比較すると比重は4分の一なのに対して
強度は10倍!グレー×ブラックのテクニカルなシートパターンや
そこに浮かび上がるレッドのクロノグラフ針の先端と
スペシャルエディションの文字、ベゼルに刻まれた数字も
ブラックラバー仕様・・・男心をくすぐりますね!!

ぜひ店頭で確認してみてくださいね。