皆様、こんにちは。

とうとう先日のレイトショーで見てきました。
「狐狼の血」を。
昭和60年代の広島  呉原市(架空の街)を舞台にした
刑事、やくざ、そして女が生き残りを賭けて戦う生き様を
描いた極上のハードボイルドエンターテイメント‼︎

77F370AF-0B49-465F-94CE-28EE88BDF171 

















9割以上を広島県呉市や広島中心部で撮影した、
まさに広島の映画です。 当然、登場人物は広島弁。
いや〜、熱くなりますねえ。
当然内容的に残酷描写や暴力描写もありますが、
126分があっという間に感じるテンポの良さ。
最近は制約が多く、軟弱な映画が多い中で
久々にガツンと脳天に響く素晴らしい映画でした。
細かい内容はネタバレになったしまうので書きませんが、
役所広司さん、松坂桃李さん、江口洋介さん、真木よう子さん、
などなど、こんなキャストの面々が呉市に来てたなんて。
ロケが見れた人がうらやましい!
この作品は絶対、見たほうがいいですよ!

そして翌日のお休みは
「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第5章 煉獄編」
を見てきました。
いよいよガトランティスと地球防衛軍波動砲艦隊の
攻防が始まり、ヤマトもトランジット波動砲を打とうとするが・・・
メカ描写がとにかくリアルでカッコイイ‼︎
D3DB05EA-F1AC-49FA-89E7-CE3EC789FCF7

















昔からのファンにはたまりませんね。
回りを見ると、同世代の方かそれ以上の方が多い印象。
11月の第6章がまちどうしいです。

いや〜、映画って本当にいいものですね。

「わしゃ〜警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ!」

ぜひ、劇場でご確認ください。